page loader

行政窓口をスムーズに案内できるツール(区役所UX/UI改善実験)
ACALL株式会社(神戸市中央区)

Urban Innovation KOBE (通称:UIK) 2018年度上期で神戸市 東灘区 総務部 総務課と協働実証実験「行政窓口をスムーズに案内できるツール(区役所UX/UI改善実験)」をしている (2018年10月現在)、「ACALL株式会社」 の藤原弘行CTO、牧田なつみさんにお話を伺いました。

—UIKに応募した理由は何ですか。また、期待する部分は?

藤原

会社としての課題である知名度向上に取り組み、実績を積み上げられると考えている。また、5月に会社を芦屋市から神戸市へ移した際に、神戸市に大きな支援を頂いていたので、神戸に何らかの貢献をしたいという想いも強かった。

藤原CTO

—採択されて約3カ月。実際活動してどうでしたか。

藤原

社内でプロジェクトチームを立ち上げて取り組んだ。あっという間の3ヶ月間だった。

業務としては、当初想定していたよりもボリュームは大きくなっている。技術的な挑戦もあった。しかし、長い目で見て、このチャンレンジは将来に向け大きく役に立つものだったと感じている。

また、弊社が提供するサービスとは視点が違ったことも大きな気付きを生み、学びとなっている。というのも今回の東灘区の実証実験では、今まで弊社が開発してきたビジネスパーソンを対象とした民間オフィス向け来客対応システム「ACALL 」とは違い、区役所を訪れる市民の目線でプロダクトを作る必要があり、インターフェースや見せ方が異なっている。

たとえば、ITリテラシーがなくても直感的に触れるようにカスタマイズする必要があった。これからの実証実験で取得したデータから、我々がどれだけ柔軟にできるかが一つのポイントだと考えている。さらに、今回のプロジェクトのためだけでなく、誰もが使いやすいプロダクトにしていきたい。

市役所版ACALL 東灘区役所版ACALLの検索画面(左)と案内画面(右)

—行政との取り組みは初めてですね。

藤原

神戸市の東灘区役所の職員の方や、移転の際にお世話になった企業立地課の職員の方は頭が柔かく、親身になってくれている。
何よりITを使ってより良い社会を作っていこうとの意気込みが強く感じられた。

また、プロジェクトの中では、東灘区役所だけでなく、神戸市の他の区役所の方と意見交換をする機会もあり、多様な意見を頂くことができた。現在開発している受付システムへの応用など、新たなアイデアにも繋がりそうだと感じている。

牧田

私自身、子育てをしており、区役所に行き、色んな窓口を訪れることがある。自分の課題と繋がる部分を感じ、ユーザー目線で取り組めている。

牧田さん

—担当課の東灘区役所に加え、運営事務局となる企業立地課、コミュニティリンクでチームを組んでいる。

藤原

運営事務局からは、プロジェクトのスケジューリングや現場の困りごとについて具体的な提案を頂いた。開発に関しても、期間を考慮しながらどこまで作り、何を機能から外すのかといった開発のスコープなどをチームで検討できたため、技術面の壁もあまりなかった。スムーズで、一体感のあるプロジェクトとして取り組めている。

牧田

プロジェクトが進むと、KPIの設定や開発内容が漠然としたり、やりたいことが広がったりすることがあるが、事務局サイドから期間がこれくらいだから、これくらいのKPIが良いのでは、などと適切な交通整理をして頂いた。動きやすく、区役所職員の方も私たちも納得して、目線を同じくして進められた。

—UIKと他のアクセラレーションプログラムの違いについてどう感じていますか。

藤原

これまで大阪市などのアクセラレーションプログラムに参加してきた。
UIKは、現場の困りごとに取り組む課題解決型プロジェクト。現場で困っている人たちの声を聞いて、自分たちのリソースで何ができるかを考える点が異なる。メンタリングを受けるプログラムはあるが、実際に課題解決に取り組むことができることは大きなチャンスだと感じている。

藤原CTO

―UIKでは、参加企業の他都市展開も目指している。

藤原

UIKへの参加が一つの実績となっており、他都市へ横展開し、プロダクトを広げるきっかけにもなる。
東京のある展示会では、すでに他の自治体の方から相談を受ける機会もあり、実質的に他都市への橋渡しをして頂いている。神戸発のスタートアップとして、成果発表会での知名度向上、プロダクト露出にも期待している。

―会社は、神戸へのこだわりが強いですね。

藤原

代表も私も大学時代を神戸で過ごした。今も神戸に住んでおり、神戸への愛着がある。スタートアップにとって、一般的な選択肢は東京や大阪であることが多いが、そうではない選択肢として、神戸から発信していきたかった。神戸は街並みが綺麗で住みやすく、気持ち良く仕事ができるメリットがある。

一方で、東京は、満員電車に乗るのは嫌だ、などという声をよく聞く。我々が成功モデルとして名前が知られ、少しでも企業やエンジニアなどが神戸に集まりやすくなるようにしたいと考えている。そのために、まずは自分たちが頑張りたい。
日本だけではなく、世界へプロダクトを発信していきたい。そうなれば東京にこだわる意味も薄れると考えている。

UIKでも、多くの神戸の企業に参加してもらいたい。住んでいる街を良くしようという想いは、大きなモチベーションにもなる。そこに東京や大阪の企業も入ることでお互いに刺激し合い、高めていくことができるのではないか。

―UIKに参加を目指す企業にメッセージを

藤原

スタートアップにとっては、行政と協働で取り組めるまたと無いチャンス。長期の視点に立って、今後のビジネス展開にうまく組み込むと良いのではないか。

集合写真

参考情報

お申し込み Application

<神戸市、姫路市、豊橋市>
締切:2020年7月19日(日)


<名古屋市>
締切:2020年7月31日(金)

ニュースレター Newsletter

Subscribe

子育てイベント参加アプリの実証開発
ためま株式会社(広島市中区)

Urban Innovation KOBE (通称:UIK) 2018年度上期で神戸市 長田区 総務部 まちづくり課と協働実証実験「子育てイベント参加アプリの実証開発」をしている (2018年10月現在)、「ためま株式会社」 の清水義弘社長、和田菜水子さんにお話を伺いました。
参考:ためまっぷながた

—スタートアップを立ち上げた動機は?

清水

8年前、千葉に住んでいた頃、家と職場の行き来だけで、地域との繋がりは何もない毎日だった。
たとえば、3歳の子どもと休日に公園に遊びに行っても友達ができない。車でショッピングモールに行き、同世代の友達ができても、その子とは二度と会わない。何の繋がりも生まれない時間にお金を払うことに疑問が湧いてきた。

一方で、育児、介護、シニア、若者など、世の中にはたくさんの地域活動があるが、それらの情報が届かず、結果として孤立してしまっている人が実に多い。東日本大震災でボランティアをしたことを機に、そんな状況を変えたいと思い、起業した。

地域で温かく繋がれる社会にするため、新たな情報チャネルである『ためまっぷ』を開設した。近所の困っている人たちに役立つ情報を届けたい。人生かけてやる仕事だと感じた。

清水社長

—UIKに応募したきっかけ、期待していることは?

清水

UIKのウエブサイトで長田区役所の課題には、子育て世代に地域の情報が届いていないと書かれていた。社として取り組む課題が同じで、取り組まなければ、存在意義がないと感じた。

住民に情報が届かないのは全国的な課題だが、届いていると勘違いしている職員も多い。広報誌が全戸配布されていても、届いているのと読まれているのは別。掲載されず埋もれてしまう情報もある。

身を削ってやっている意義深い活動も、見られないと意味がなく、すごくもったいないと思う。UIKのサイトには、そんなお互いに繋がらないことのもったいなさが切々と描かれていた。そんな長田区役所の文章がとても刺さった。

ためまっぷながたその1

ためまっぷながたその2

—UIKの事業がスタートして2か月経ちました。

清水

採択して頂き、スタートしてからは、長田区役所、神戸市企業立地課、コミュニティリンクの担当者がチームとして、役割分担、フォローしあいながらやっている。
この4ヶ月間だけでなく、将来、この事業スキームがほかの自治体などに横展開できる視点で考えてもらっている。こんな取り組みはこれまでにはない。

和田

長田区役所の担当者は、税金を頂いて仕事をしている以上失敗できないとおっしゃられていた。責任、覚悟を強く感じた。熱い仕事ぶりで、私たちも本気でやらないといけないという思いを強くした。
ほかのチームの方々に支えられ、やらせて頂いている。ほかの業務への相乗効果も生まれている。

清水

利用した住民からは『もっと早く作ってくれたらよかったのに』『サークルを探していた』などの声をいただいた。近くにあるのに見つからなくて諦めていた人たちの課題を解決できている。届かなかった人に届き始めている。それが実感でき、長田区役所の担当者たちと同じ喜びを分かち合えているのがうれしい。

また、平日にアクセスが増えている。行き場のない人たちが居場所を探している証拠であり、この活動の広がりを確信している。

和田

あるお母さんからは、『ためまっぷながた』を見て、主催者が偶然にも新生児訪問に来てくれた助産師さんであることを知り、安心して参加できたという声を頂いた。うれしくて泣いてしまった。そんな人が1人いるなら、他にももっといるはず。まだ届かない人がきっといる。届いていない人に届けなきゃ、という思いを強くしている。

和田さん

—熱い、やる気ある職員との巡り合いですね。

清水

UIKはやる気のある職員を見える化し、マッチングしてくれる。やる気ある職員と一緒に活動することで、時代を、未来を変えられるという思いがある。UIKのような取り組みがあり、熱い職員がいる神戸に住みたい、本社も移そうかという話も出るほどだ(笑)。

—UIKにはどんな企業が参加するべきでしょうか?

清水

やりたいことと課題が合致して、足りない優秀なものを得たい企業。足りない課題が明確なら、得られるものは大きいのでは。事業的には、先を切り開きたい方、ステップ超えたい方たちにお勧めしたい。大手、ベンチャー、新規事業など、どのステージかは関係ないかも。行政との事業が初めてでも、運営事務局がお互いをうまく橋渡ししてくれる。

―あと1月半ほどです。意気込みを聞かせてください!

清水

最終プレゼンの中で、『長田モデル』という名前をつけ、全国に普及させましょうと約束した。
ぜひとも実現したい。

長田区のサイトは、ためまっぷの全国版と比べると、閲覧数だけでも7倍。ユーザー数に対する閲覧率が非常に高い。子育てにテーマを絞っていることと、区がやる信頼感などが影響しているためか、パフォーマンスが高い。360人に告知し、そのうち200人がアクセスしてくれた。

今後の展開を考えるとわくわくする。世の中を変えることができる機会を与えてくれたと感謝している。

集合写真

お申し込み Application

<神戸市、姫路市、豊橋市>
締切:2020年7月19日(日)


<名古屋市>
締切:2020年7月31日(金)

ニュースレター Newsletter

Subscribe