page loader

芦屋市 都市建設部 公園緑地課

気軽に公園レンタル!公園の利活用から新しい公共空間をつくりたい

要点 Point

解決したい課題

より多くの団体に公園をレンタルしてもらいたいが、どんな市民がどのように公園を利用したいかが把握できていない

想定する実証実験

サービスデザインやテクノロジーを活用したツール等による、ニーズ調査、利活用設計

実現したい未来

市民による創意工夫のあるイベント等が行われることで、公園が市民にとって魅力ある空間になること

得られるもの

公園を含めた公共空間利活用の自治体との協働実績

物語 Story

集合写真

街の公園ってどんなイメージ?

皆さんの住んでいる街の公園を思い出してみてください。そこにはどんな風景が広がっているでしょうか。

ベンチにおじいさんが座って休んでいたり、付き添いのお母さんがいる就学前の子どもたちがブランコで遊んでいたり、小学生がサッカーボールの蹴りあいっこをしていたりと、そこにはとても安心・安全な時間が流れている、身近な公共空間があるのではないでしょうか。

公園の様子その1

公園の様子その2

芦屋市には、街区公園,近隣公園,地区公園(住宅地の中にあり主に住んでいる人のための公園)が100箇所、総合公園(広く地域の人が休息・観賞・散歩・遊戯・運動などに利用する公園)が1箇所あり、私たち公園緑地課はその公園の利用状況の把握、壊れてしまった遊具の修繕などの公園利用管理を行なっています。

様々な人が使うゆえに、様々な制約も…。

一見、安心・安全が保たれ、整備が行き届いてる公園はとても気持ちの良い公共空間として機能していると思われますが、入場制限がないパブリックな場所である公園は、世代によって利用方法が多岐にわたってしまいます。

例えば、小学生がサッカーをすることが親子で遊んでいる人たちにとってはボールが飛んできそうで怖いと感じたり、中学生が自転車で移動することがぶつかってしまいそうでシニアが危ないと思ったりと、利用する世代によってマナーが大きく違ってしまいます。そんな現状に対応するために私たちが今行なっているのが「〇〇禁止」看板です。

公園の禁止看板の写真その1

私たちは異なるマナーによって起こる「危険」に対応するため、多くのことを「禁止」してしまっています。危険なボール遊び禁止、BBQ禁止などです。
これは、芦屋市特有の課題ではなく全国ほとんどの自治体が同じ現状で、同じ「禁止」ルールという対応策で安心・安全を確保しています。

今までとは違う公園レンタルという活用法

そんな厳しいルールの元、保たれている安心・安全を市民の皆さんが望んでいるのかを疑問に感じた私たちは、昨年度から地域のママさんグループや任意団体など市内で活動されている人たちに公園を占用使用してもらって、マルシェ・子ども食堂・昔遊びなどのイベントに活用してもらえるように進めてきました。

その結果「近所に住んでいたけど話したことのなかったおじいさんと初めて話せた」「一人のお父さんに4家族の子どもを見てもらえてお母さんたちは、楽をさせてもらえた」「子どもの教育の場となった」というような声が出て、みんながハッピーになり、もっともっとこの占用使用を勧めていきたいと思いました。

※条例上“行商その他これに類する行為”や“展示会、博覧会その他これらに類する催し”をする場合も占用使用申請書を提出し許可を得ることで可能になります。

こんな占用使用によるイベントが地域に迷惑をかけずに、満足度の高くなったのは、主催者も市民だったからかもしれません。市民というターゲット自らが考えた「公園でこんなことができたらいいな」がイベントになったので、当然ニーズと合致したイベントを作り上げることができたのだと思っています。
もし、プロのイベント会社や行政主導のお祭りだったらそこには等身大の空気がなく、盛り上がらなかったのではないかと思っています。

公園レンタルの様子 公園をレンタルしたマルシェの様子(昨年度)

新しい公園の市民活用モデルを芦屋から!

これからは、昨年度公園を利活用してもらった人たちだけでなく、もっともっとたくさんの人たちに公園でイベントなどを主催してもらいたいと考えています。芦屋のまちを、いつでもいたるところで公園を使ったイベントが行われている「公園利活用先進地」に。

公園で「ヨガがしたい!」「BBQがしたい!」「マルシェがしたい!」「映画祭がしたい!」「カフェがしたい!」そんな市民パワーを活かせる場になれればと考えています。

公共空間たるイベントを主催できる市民、将来のまちを見据えた計画ができる市民は、街にはたくさんいるのに、その人たちが公園をレンタルしない理由は何なのか、そして、そんな人たちが気軽に公園を使えるようになる仕組みを作りたい。

また、その仕組みは単純に公園という場の利活用にとどまらず、あらゆる公共施設の利活用、さらには「新しい公共空間」という考え方をつくることにつながっていくと考えています。

家族・友達同士で、休みの予定を話し合うときに商業施設やアミューズメント施設ではなく「今週は〇〇公園に行こう」となるようにしたい。公園を市民の生活に身近なだけでなく「魅力ある空間」にすることが私たち公園緑地課のミッションなのです。

集合写真

Read more…

募集要項 Outline

背景 芦屋市には、街区公園,近隣公園,地区公園(住宅地の中にあり主に住んでいる人のための公園)が100箇所、総合公園(広く地域の人が休息・観賞・散歩・遊戯・運動などに利用する公園)が1箇所あるが,地域の自治会以外の占用使用(イベント等で公園をレンタル使用)はできないというイメージが強く、市民団体等による利活用はほとんどされていない。
課題 公園に市民が何を求めているのかを把握できていないので、どのような占用使用が公園の可能性を広げ、市民のための公園の未来を作れるのかが整理できていない。
求める解決策 市民が公園に何を求めているのか、公園を占用使用する際にどういった使い方をしたいかなどの把握(たとえば、利用パターンの洗い出し)
付加的・発展的な要素 公園という公共空間に利活用から、その他の公共空間の利活用の応用へ発展
想定する実証実験内容 サービスデザインやテクノロジー活用などにより、市民のニーズ調査をすることで、次年度の施策につながるような利活用設計を検討する。
・サービスデザイン等による公園の占用使用における市民のニーズ調査、利活用設計
・テクノロジーを活用した広報ツール等を実際に市民に使ってもらい、フィードバックをもらう
など
求めるスタートアップ像 自治体とサービスデザインなどの手法で協働ができる団体
スタートアップに求める条件 地域住民、自治会への配慮や市民参画の重要性などへの理解
提供可能なデータ・環境等 公園台帳等の情報提供
プログラム終了後の本格導入 効果検証の上、他事業・他地域への展開を検討

本課題は、「Urban Innovation KOBE “Trial 芦屋市版”」の課題であり、一部通常のUrban Innovation KOBEと異なる部分がございます。詳しくは「募集要項」をご確認ください。

お申し込み Application

<神戸市、姫路市、豊橋市>
締切:2020年7月19日(日)


<名古屋市>
締切:2020年7月31日(金)

ニュースレター Newsletter

Subscribe

芦屋市教育委員会 社会教育部 生涯学習課

デジタルアーカイブを活用した芦屋の歴史文化遺産の魅力発信!

要点 Point

解決したい課題

芦屋の歴史文化遺産の魅力を多くの人に広く知ってもらうことで、地域の財産である、歴史文化遺産を守り、後世に伝えていきたい

想定する実証実験

歴史文化遺産に関する情報をデジタルアーカイブ化し、これらを活用したツール等を、実験的に一部の市民に利用してもらい、効果の検証を実施する

実現したい未来

歴史文化遺産を通して、市民が芦屋のまちに愛着を持ち、市民自ら歴史文化遺産を守り、継承していく

得られるもの

平成30年の文化財保護法の一部改正により、近年多方面より期待を集めている歴史文化遺産の活用に関する実績

物語 Story

集合写真

実は歴史が古いまち、芦屋

全国的に有名な弥生時代のムラ・会下山遺跡(国指定史跡・約2000年前)、大坂城の石垣石材を採石した徳川大坂城東六甲採石場(江戸時代)、フランク・ロイド・ライトが設計したヨドコウ迎賓館(国指定重要文化財・1924年竣工)…。

会下山遺跡の写真 会下山遺跡(国指定史跡)

徳川大坂城東六甲採石場の写真 徳川大坂城東六甲採石場

これらはすべて、芦屋市にある歴史文化遺産のごく一部です。

みなさんの中には芦屋市というと、モダンな高級住宅地をイメージされる方も多いかもしれません。意外かもしれませんが、実は芦屋は約2万年の長い歴史を持つまちなのです。

芦屋市では、芦屋の歴史の魅力を学芸員による講演会やまち歩きなどのイベントやパンフレットで発信しており、毎回多くの方に好評いただいています。

「参加したかったのに、定員オーバーで申し込めなかった・・・」

しかし、残念ながらまだまだ希望する皆様にお伝えしきれていない実情があります。

実際、「参加できなかった」「定員オーバーだった」「資料だけでも欲しかった」・・・などなど多くの方々からコメントを頂いています。
とはいえ、残念ながら開催回数や参加人数には限界があり、すべてのご要望にお応えすることは難しいのです。

盛況なまち歩きの様子

また、歴史文化遺産を紹介するさまざまなパンフレットを刊行していますが,部数や掲載できる情報量に限りがあり、「どうしたらもっと多くの方に芦屋の歴史文化遺産の魅力を伝えられるのだろう」と日々頭を悩ませてます。

もっと歴史文化遺産の魅力を市民の手に

地域の財産である、歴史文化遺産を守り後世に伝えてゆくためには、その魅力や価値をより多くの人に知ってもらう必要があります。

「芦屋市の歴史文化遺産の知識や情報をデジタルアーカイブし、誰もが使いやすいかたちで《見える化》できれば…」「そうした情報などを市民のみなさまが活用し、歴史文化遺産の魅力に触れるまち歩きを楽しんでいただけたら…」そうした思いに悩まされる学芸員の方は、私たちだけではないと思います。

一緒に取り組みませんか!

こうした思いをもって日々取り組んでいますが、芦屋市の大切な歴史文化遺産の魅力の発信にはまだまだ工夫できるところがたくさんあります。

また、情報発信を進めることで、より市民の方々の心が豊かになったり、また地域のつながりが強くなれば、より芦屋市の魅力自体が高まると考えています。

そして昨年6月には文化財保護法の一部が改正されました。この改正によって私たち自治体は、歴史文化遺産の積極的な活用が求められています。
今後、他自治体においても私たちと同じような課題が出てくることでしょう。

是非、先駆的な歴史文化遺産の魅力発信を、私たち学芸員と一緒に取り組んでいただければと思います。

集合写真 学芸員と芦屋仏教会館

Read more…

募集要項 Outline

背景 芦屋市には、長い歴史と数多くの歴史文化遺産があり、それらを守り、後世に伝えるためには、歴史文化遺産の大切さを広く周知していく必要がある。
しかし、学芸員が持っている歴史文化遺産に関する情報資源を市民が有効に活用できるような環境が整っていない。
課題 今まで、冊子やパンフレットを作成・配布したり,学芸員が講師となって講座やまち歩きなどのイベントを実施してきた。
しかし、冊子やパンフレットを手に入れることのできる人や、イベントに参加できる人など、限られた人にしか情報が伝わらない。また、冊子やイベントなどで伝えられる情報は全体の一部でしかない。

一方で、「イベントに行きたかったけど参加できない」「申し込んだが定員から外れてしまった」「もっと芦屋の歴史文化遺産について知りたい」という声も頂くが、残念ながらすべての要望に応えることができていない。
求める解決策 芦屋市の歴史文化遺産に関する情報資源のデジタルアーカイブ化および、これらを活用し、市民自身がより深い歴史文化遺産の知識や情報を得ることができるツールやサービス
付加的・発展的な要素 市民自身がデジタル化された歴史文化遺産情報を元に、自身でまち歩きをしたり、市民自身がまち歩きの講師となるような仕組み
想定する実証実験内容 まち歩きイベント等で実験的に活用し、参加者からのフィードバックやアンケートを実施する。
その後、ツールやサービスが継続的に使われているか等含めて、検証を行う。
求めるスタートアップ像 ・調整事項が多い中でも粘り強く柔軟に対応していただける人
・フットワークが軽く、積極的に提案・行動していただける人
スタートアップに求める条件 実際に芦屋市の歴史文化遺産を知ってもらうために、打ち合わせは芦屋市役所での開催が望ましい。
ただし、遠方の場合は随時オンラインでの打ち合わせも可。
提供可能なデータ・環境等 歴史文化遺産の関連情報およびデータ
プログラム終了後の本格導入 効果検証の上、他事業・他地域への展開を検討

本課題は、「Urban Innovation KOBE “Trial 芦屋市版”」の課題であり、一部通常のUrban Innovation KOBEと異なる部分がございます。詳しくは「募集要項」をご確認ください。

お申し込み Application

<神戸市、姫路市、豊橋市>
締切:2020年7月19日(日)


<名古屋市>
締切:2020年7月31日(金)

ニュースレター Newsletter

Subscribe