Urban Innovation JAPAN


応募終了

名古屋市 住宅都市局 開発指導課

違法で危険な“盛土”を早期発見!衛星データやAIを活用し効率的に監視したい

Point

解決したい課題

市内において違法で危険な盛土等が発生していないかを効率的に監視したい。

想定する実証実験

AIを活用した衛星画像の解析などにより、違法で危険な盛土等が発生している可能性のある地点の把握を効率的に行えるか検証する。

Story

法改正による盛土等への規制の強化

 みなさん、静岡県熱海市で発生した土石流災害を覚えていますでしょうか? 
 令和3年7月に静岡県熱海市において発生し、大きな被害をもたらした土石流災害等を契機として、盛土等による災害から人々の生命・身体を守るため、従来の「宅地造成等規制法」(以下、旧法)が「宅地造成及び特定盛土等規制法」(以下、盛土規制法)に改正され、宅地、農地、森林等の土地の用途にかかわらず、危険な盛土・切土・土石の堆積(以下、盛土等)を全国一律の基準で包括的に規制することになりました。
 盛土規制法では、従来の規制区域の考え方や規制内容等が改正され、大幅な規制強化となっています。

【規制区域の考え方】

※出典:盛土規制法パンフレット(R5.5 国土交通省他)

【規制の対象となる要件】

※出典:国土交通省作成資料

 本市はこれまで、市域の約3割を旧法の規制区域として指定し、一定規模以上の造成工事に対する許可審査業務を行ってきました。
 本市では令和7年5月頃に盛土規制法での運用を開始する予定であり、あわせて規制区域を全市域に拡大することとしております。

 【本市の規制区域案】

※出典:本市作成資料

当課の抱える課題

 静岡県熱海市で発生したような土石流災害などといった盛土等の災害を防ぐため、盛土規制法では違法で危険な盛土等に対し、行政は躊躇なく指導・取り締まりをしていくこととされております。

 本市ではこれまで、年間約300件程度の許可事務を行うとともに、市民からの通報等より把握された危険な盛土等に対し行政指導を行っておりますが、盛土規制法運用後においては、規制区域の拡大や規制内容の追加等により、業務量の大幅な増加が予想されます。

 そういった状況において、今後違法で危険な盛土等が発生していないか日常的に監視していく必要がありますが、限られた人員の中で日常的に市内全域のパトロール等を行うことは大変厳しいこと考えております。

【不法・危険盛土等発見時の行政対応フロー】

※出典:不法・危険盛土等ガイドライン(R5.5 国土交通省他)

課題解決の方向性(目指す姿)

 そこで、先進技術を活用し、迅速かつ効率的に違法で危険な盛土等を把握できるようにしたいと考えています。
 具体的には、衛星データ等をAIにより解析を行い、市内において違法で危険な盛土等が発生している可能性のある地点を抽出するとともに、工事中の盛土や土石の堆積なのか、土捨て行為なのか等を判別・整理することを想定しています。これにより、違法で危険な盛土等が発生している疑いのある地点やエリアを事前に机上で把握することができ、より効率的なパトロール等が可能になると考えております。
 本市における違法で危険な盛土等を早期に発見するため、皆様のお力を貸していただきたいです。

ぜひ私たちと一緒に、危険な盛土等から市民の安全を守りましょう!

READ MORE

Vision

実現したい未来

事前に、違法で危険な盛土等が発生している可能性のある地点を把握することにより、監視業務を効率的に行うことができる。

得られるもの

違法で危険な盛土等への対応は全国的に進められているため、様々な自治体での事業展開が期待できる。

Outline

実証支援金:最大150万円

負担金の支払い
実証にかかる経費の一部を本市が負担します。※消費税等も対象
行政課題1件あたり150万円まで
社会課題1件あたり300万円まで

背景 令和3年7月に発生した静岡県熱海市での土石流災害等を契機として、宅地造成等規制法が改正され、「宅地造成及び特定盛土等規制法」(以下、盛土規制法)が令和5年5月に施行された。これにより本市では、令和7年5月頃より盛土、切土及び土石の堆積(以下、盛土等)に係る規制区域を全市域に拡大することとしており、市内において違法で危険な盛土等が発生していないかを日常的に監視するためには、先進技術を活用した効率的な方法を検討する必要がある。
課題(詳細) 限られた人員の中で、市内全域を対象に違法で危険な盛土等(切土や土石の堆積を含む)が発生していないかを日常的に監視する必要がある。 そのため、机上の事前調査で、重点的にパトロールする箇所を絞り込んでおくことで、効率的に監視したい。
求める解決策

 AIを活用した衛星データの解析などにより、市内において違法で危険な盛土等が発生している可能性のある地点を抽出するとともに、隔週〜月単位など一定期間ごとのデータを比較することにより、工事などで一時的に盛土や土石の堆積が発生しているのか、あるいは違法な土捨て行為で長期間放置されているものなのかを判別・整理し、迅速かつ効率的に把握する。違法で危険な盛土等の発見や疑わしい地点・エリアを抽出することにより、効率的にパトロールを行うためのデータを収集する。
山林に放置された盛土の検知と異なり、本市はほとんどが市街地となっているため、面積が小さいものや、工事関連で一時的に盛土・土石の堆積が発生する場所が多いのが特徴であるため、これらをうまく判別できるツールをご提案いただきたい。

想定する実証実験内容(詳細) 市内の一部地域を対象に、ツールでの抽出と職員による現地確認を行い、検知精度の検証を行う。
また、市内の違法で危険な盛土等の発生状況の把握が、従前に行っている現場調査等よりも効率的になるか比較・検証する。
実証実験成功後の発展性 法改正に伴い、違法で危険な盛土等への対応は全国的に進められているため、様々な自治体での事業展開が期待できる。
提案企業に求める専門性 盛土規制法の規制内容である盛土、切土、土石の堆積に関する知識をお持ちだとありがたい。
プロジェクトの進め方打合せ方法 オンライン会議可、現地確認への同行可
提供可能なデータ・環境等 宅地造成等工事に関する情報
プログラム終了後の本格導入 実施後、有効性を確認した上で検討

選考基準・スケジュール・よくある質問など

おすすめの募集中課題

資料請求・新着課題

地域・社会課題解決に繋がる、
本当の意味での地域創生をともに実現しませんか?

社内で検討されたい方のために、
実績などをまとめた案内をご用意しています
自治体関連のお役に立つ情報や、
新着課題をお届けします