Urban Innovation JAPAN


残り24

締 切

多可町 ふくし相談支援課

多可町③ 専門職の訪問スケジュールとルートを最適化して業務を効率化したい!

Point

解決したい課題

・専門職の訪問スケジュールおよび訪問ルートを最適化することで、限られた人数で効率よく訪問調査を行えるにようにしたい。

想定する実証実験

・AI等を活用し、介護を必要とする人の訪問すべき時期と住所等から、最適な訪問スケジュールと訪問ルートを生成し、従来のやり方よりも効率化にモニタリング業務が実行可能を検証する。

Story

○介護を取り巻く現状

みなさんは、介護に関する人材が不足していることをご存じですか。
多可町では令和6年4月1日現在で7,350人の高齢者が住んでおり、高齢化率は38.9%になります。
介護認定者は1,369人で認定率は18.1%になります。

毎年増えていく認定者。しかしながら、そんな高齢者を支える介護人材は全国的に不足しています。多可町でも同様の傾向で、このままでは介護サービスが必要な方がサービスを受けることができない介護難民がでる可能性があります。

そうなると、現在従事している介護職員の負担も増える一方となり、大変さから仕事を辞めたり、新たに職に就く人が減るなど悪循環になっていく懸念があります。

○直営包括が抱える課題

当町では、包括支援センターを直営で運営しており、業務内容はケアマネージャー業務だけでなく、介護予防事業、総合事業や権利擁護事業、認知症対策事業など、多職種で業務も分担しており、職員の負担は年々増えているような状況です。
こういう状況の中、後期高齢者が今後も増え、それにより認定者も増えていくであろうと推測される中、ケアマネージャー業務を効率的に行えるようにすることは、すぐにでも対策しなければならない課題と考えています。

聞き取った内容のシステムへの入力、ケアプラン作成、ケアプランの修正や確認のための再訪問等、たくさんあるケアマネージャー業務の負担はすごく大きいものになっています。
これらを解決していかないとケアマネージャーの負担が増え、介護現場から去って行く人も増え、ますます介護人材が減っていくのでないかと危惧しています。

○デジタル技術を活用して介護人材の負担を軽減したい

ケアマネージャーの負担を取り除くための解決策として、デジタル技術を導入し効率よく業務をこなせるように取り組んでいく必要があります。
そのために、様々な環境下で、タブレットを通じて一定以上の精度が見込める文字起こしの機能、その内容をスムーズにシステムに反映できるようにしていきたいと考えています。

また、AI等を導入することで、聞き取った内容を元に最適なケアプランを作成したり、作成したケアプランの点検ツールとして活用することで、最適なプランを作成できます。さらにケアプラン作成支援として活用すれば、新人ケアマネージャーにとっての人材育成ツールとして活用できるのではないかと考えます。

超高齢化社会に向けて、それらを支える側の負担を取り除くことで、みんなが穏やかに過ごせることにつながるので、介護分野の課題解決に向けて、一緒に悩んでくれる企業からの提案をお待ちしています。

READ MORE

Vision

実現したい未来

・業務の効率化により、時間的余裕を作り、人材不足のカバーをしたい。

得られるもの

地域包括支援センターはどこの自治体でも直営か委託で運営しており、業務効率化はどこの自治体でも求められることなので、多くの自治体への横展開が期待できる。

Outline

実証支援金:最大50万円

1課題あたり補助率1/2以内、最大50万円(税込み)
(例:総事業費70万円の場合、35万円の補助
   総事業費200万円の場合、50万円の補助
※支払いのタイミングは、実証事業が完了し、事業実績報告書の検査完了後になります。

ひょうごTECHイノベーションプロジェクト企業向けオンライン説明会

開催日時:


各課題の担当課とのQAセッションができる貴重な機会となっておりますので、ぜひご参加ください♪
お申し込みはこちら >>
本事業についてのお問い合わせは事務局から回答いたしますので、担当課や関係先に直接メール・お電話等でご連絡いただかないようお願いします。

背景 ・今後高齢化が進むにつれ、介護を必要とする人は増えていく見込みであり、専門職ひとりあたりの業務負担がさらに増すことを懸念している。
・ケアマネ業務に関しては、職員をどんどん増やしていくことはできないので、業務の効率化を図ることで、一人あたり受任件数を増やすことが求められている。
課題(詳細) ・現状では、ある程度エリアごとに担当の分担をしているものの、新規案件や緊急性の高い案件はその時の各ケアマネジャーの状況に応じて振り分けるため、ほとんどのケアマネジャーが特定のエリア以外の案件も持っている。
・3ヶ月ごとの定期モニタリングの時期に合わせて、各ケアマネジャーが訪問スケジュールとルートを各自で設定しているものの、作業は手動で行っており、スケジュールやルートを精査するにも時間と工数がかかる。
・専門職による在介訪問時に最適な訪問ルートを設定するのに、手動で行うため時間を要する。
求める解決策 ・AI等を活用し、目安となる訪問すべき時期と訪問場所の情報をもとに、最適な訪問スケジュールとその日に回る訪問先の最適なルートを生成する。
・1日に回る訪問箇所はおよそ5〜6箇所であるため、単に訪問先間を最短距離で移動できるルートでなく(物理的に最短)、どういう日程で訪問していくとより効率的か(時間的に最短)も含めた効率化を期待する。
想定する実証実験内容(詳細) ・特定の職員の訪問日程と訪問先の住所をAI等に学習させ、どういう日程でどのルートで回るとより効率的にモニタリング業務をこなせるかを検証する。
・既存の方法と比較して、上記のやり方を用いることで、一定期間中に回ることができるモニタリング件数を増やせるかを検証する。
実証実験成功後の発展性 他の自治体への横展開
提案企業に求める専門性 介護保険制度、医療についての知識があり、システム開発に対する実績やノウハウを持っているなど。
プロジェクトの進め方打合せ方法 随時打合せを実施(オンライン会議対応可能)
提供可能なデータ・環境等 認定情報、ケアプラン情報等
プログラム終了後の本格導入 実証の成果を踏まえ、次年度以降の導入について検討する。

選考基準・スケジュール・よくある質問など

おすすめの募集中課題

資料請求・新着課題

地域・社会課題解決に繋がる、
本当の意味での地域創生をともに実現しませんか?

社内で検討されたい方のために、
実績などをまとめた案内をご用意しています
自治体関連のお役に立つ情報や、
新着課題をお届けします