Urban Innovation JAPAN


toyonaka city archive

  • 2022年
  • 2021年

豊中市 (大阪府)

豊中市は、連携に関するご提案やご相談を一括して受付する「公民学連携のワンストップ窓口」を設けています。これまで、キッチンカーやシェアサイクルの実証実験、小学生の見守りシステムの導入、民間企業との人材交流など、さまざまなチャレンジを進めてきました。文化の異なる多様な主体が、互いに知恵や知見を出し合いながら、次々現れるハードルを乗り越え、一つの主体だけでは不可能なことを可能にしていく。それがまさしく、「公・民・学」連携の醍醐味だと考えています。 今回は、アーバンイノベーション豊中の枠組みで、皆さまと一緒に市民サービスの向上のためチャレンジできることを、職員一同とても楽しみにしています。皆さまからのご応募をお待ちしています!

2022年

2021年

豊中市応募概要

募集期間

選考基準

審査項目 内容
チームの取組み体制 専門性と高い技術力を有しているか。
課題の理解度 テーマを適切に理解し、実現可能な解決手法になっているか。
提案された解決手法により高い改善効果が認められるかどうか。
職員との協調性 職員と協働しながらより良いサービス開発を進める熱意があるか。
新規性・創造性 既存サービスと差別化できる要素を持っているか。
行政関連分野で商用化されていないか。
継続性・収益性 ビジネスモデルが構築できているか。
事業継続できる収益基盤があるか。
他自治体への横展開が可能なビジネスになっているか。

開発支援金サポート

1課題あたり最大50万円
※支払いは、地域課題解決支援事業補助金として支払います。
※詳しくは、こちらの実施要綱をご覧ください。 
※支払いのタイミングは、実証事業が完了し、事業実績報告書の検査完了後になります。

オンライン説明会開催


5月27日(金)15時〜 アーバンイノベーション豊中 オンライン説明会を開催します終了しました。
ご参加ありがとうございました。

申し込みはこちら終了しました。

他自治体の過去の課題