Urban Innovation JAPAN


hyogo pref archive

  • 2022年

兵庫県 (兵庫県)

<ひょうごTECHイノベーションプロジェクトとは?> 兵庫県では、県内にある様々な社会課題・地域課題について、主に県内の起業家や事業者が有する情報通信技術を中心に、ものづくりや建築・土木等の工業技術などを活用し、その課題解決を図っていくべく、本プロジェクトを発足しました。 私たち兵庫県は民間事業者様と課題を抱える各市町職員が協働して、地域課題解決に向けた解決手法を設計し、新たなサービスの構築・実装を目指しております。

兵庫県応募概要

募集期間

応募資格等

(1)応募資格
申込希望者 は、次に掲げる要件をすべて満たしているものとします。(事業者又は複数の事業者で構成されるその共同体(以下、「グループ」)の場合は、すべての構成員が要件を満たしているものとします。)

ア 本市の事業の趣旨を理解し、 関係法令等を遵守するもの。
イ 暴力団排除条例(平成22年兵庫県条例第35号)第2条第1号に規定する暴力団及び第3号に規定する暴力団員でないこと。
ウ 暴力団排除条例施行規則(平成23年兵庫県公安委員会規則第2号)第2条各号に規定する暴力団及び暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

(2)失格規定
次に掲げる事項に該当する者は、応募資格を失うものとします。グループを結成して応募する場合は、いずれかの 構成員 が該当すれば応募資格を失うものとします。 実証候補者決定後に応募資格を満たさないことが判明した場合は、当該決定を取り消すものとします。

ア 虚偽の内容で申請した者
イ 応募書類の提出後、(1)に規定する応募資格の要件を満たさないことが認められた者
ウ 選考の公平性に影響を与える行為をした者
エ 募集要項に違反すると認められる者
オ その他不正な行為を行ったと認められる者

選考基準

チームの優秀度
  • チームメンバーが優秀でバランスがよいか
課題の理解度・効果
  • テーマを適切に理解し、実現可能な解決手法になっているか
  • 提案された解決手法により高い改善効果が認められるかどうか
職員との協調性
  • 職員と協働しながらより良いサービス開発を進める熱意があるか
新規性・創造性
  • 他のサービスと差別化できる要素を持っているか
  • 行政関連分野で商用化されていないか
継続性・収益性
  • ビジネスモデルが構築できているか
  • 事業継続できる収益基盤があるか
  • 他自治体への横展開が可能なビジネスになっているか
地域との連携
  • 将来的に兵庫県への貢献、立地などが見込まれるか

開発支援金サポート

1課題あたり補助率1/2、最大50万円(税込み)
(例:総事業費70万円の場合、35万円の補助
   総事業費200万円の場合、50万円の補助
※支払いのタイミングは、実証事業が完了し、事業実績報告書の検査完了後になります。

オンライン説明会開催


6月22日(水)15時〜 ひょうごTECHイノベーションプロジェクト企業向けオンライン説明会を開催します。
各課題の担当課とのQAセッションができる貴重な機会となっておりますので、ぜひご参加ください♪
お申し込みはこちら >>

他自治体の過去の課題